全輪駆動形式(AWD)車のドライビングの基本
AWDの特徴は、全ての車輪が駆動輪となるために、加速能力に優れ、また、コーナリング中の安定性にも優れます。しかしながら、全ての車輪に駆動力を伝達するため、他の駆動形式と比べ、その重量は重くなり傾向にあります。フロント・ミッドシップ・リアとエンジン搭載位置がありますが、それ程大きくは変わりません。ミッドシップは回頭性能に優れ、リアに搭載した場合には加速性能に優れます。

参考(wikipedia 四輪駆動)

スタート・直線での加速
グリッドについて、静止状態からのスタート勝負では、車重が重いものの、全ての車輪が駆動するので、他の駆動形式と比べ圧倒的に有利となります。さらに、エンジン搭載位置が後ろになるにつれて、更に加速力が上がるほか、セッティングのトルクバランスを調整することにより、さらに加速力を高めることができます。

(※荷重とは、実際に車や電車などに乗り、加速した場合に、進行方向とは逆方向引っ張られる感覚があると思います。これがG(荷重)と呼ばれ、これがドライビング中に前後左右へと移動することを指し、Forzaではドラフトメーターを表示したり、テレメトリのGメーターにて確認することができます。)

コーナーへの侵入
AWDはFFよりは遅いですが、リア駆動形式の車よりは進入速度は勝ります。しかしながら、現実には、同じようなパフォーマンスを持つ車の場合、AWD車は車重が重いために、進入速度は全ての駆動形式中最低となります。

回頭性能はそれ程高くはありませんが、フロントとリアのトルクバランスを変更することによって、FFの様に回頭速度を高めるなどさまざまな調整が可能です。

(※回頭とは、車の向きを変え、車の進行方向を変える事です。)

FFの様にタックインすることが可能ですが、FFとは重量バランスが違うため、急激なタックインはリアを滑らせてしまいます。しかしながら、FFとは違い、リアを滑らせてもアクセルを入れるだけで思った方向に修正できるので、安心してタックインすることも可能ですが、現実にはリアがすべるほどのタックインは難しいでしょう。

(※タックインとは、ブレーキを使わず、アクセルオフにて前荷重を作り出し回頭すること)

FFに近い進入方法ですが、FFよりもずっと車重があるので、ずっと大きな減速が必要です。

コーナリング速度は、その車重のおかげで非常に遅いものの、繊細なアクセルワークが必要になるわけではないので、安定したコーナリングが可能です。

・コーナー入り口でしっかりと減速する
・しっかりと減速し、更にタックインを利用して回頭しつつ曲げる。

コーナリング中(進入〜脱出までの間)
最大限に車を曲げるために、現在の速度を維持(パーシャル)することが必要です。
コーナーからの脱出
コーナーからの脱出は、とにかくアクセルを踏めるだけ踏み続ける。これに尽きます。FFとAWDは除く他の駆動形式と違い、アクセルを踏めば踏むほどアンダーステアになります。つまり、最大の加速を得る為には、コーナーでの進入でいかに回頭しているかが肝となり、脱出に関 しては、アンダーステアになりながらも曲がれる限界まで踏み続けることが重要になります。

さらにAWDではFFとは違い、加速力にも優れますから、ターンインでの減速をここで取り戻すことになります。

もし、コーナー出口で曲がりきれない場合は2つの原因が考えられます。

1つはコーナーへの侵入時(ターンイン)での回頭量が足りていない。これは、減速量が足りない可能性もあります。

もう1つは、アクセルを踏みすぎているか、踏み始めるタイミングが早すぎる。これは踏み始めるタイミングを遅くするか、もうすこしアクセルを緩く開けることで改善される可能性があります。

他の駆動形式の車とのバトル
AWDの場合、同じようなパフォーマンスを持つ車とのバトルは、基本的にスタートで前に出て抑えるスタイルになると思います。とにかく相手のラインを潰し続けることが重要です。

前の車を抜こうとする場合、AWDは加速能力には優れますが、コーナー侵入が遅く、コーナリングスピードも遅いために、コーナーで相手を抜くのは非常に難しいと言わざるを得ません。とにかくストレートで相手のスリップストリームに入り、少しでもタイムを上げ、相手のミスを待ちましょう。

注意点
基本的には特に注意点はありません。コーナーではしっかりと減速し、適度なアクセルワークでコーナリングをこなしましょう。コーナリングではアクセルを踏むとアンダーステアになる事を頭に入れておきましょう。