エンジンの搭載位置、駆動方式について
エンジンの搭載位置、駆動方式が変わると、車のバランスは大幅に変わり、最適なドライビング方法も変わってきます。ここでは、そんな駆動形式について説明します。

参考 wikipedia 四輪駆動 ・ 二輪駆動

エンジンを前方に設置した駆動形式
一般的な車の殆どは、殆どが前方にエンジンを配置したFFかFR、F-AWDとなります。
FF

フロントエンジンフロントドライブ
Front engine Front drive
車の前方にエンジンが配置してあり、フロントタイヤをエンジンからの出力で回転させる事により前後に動きます。

エンジンから駆動輪までの距離が短いので、エンジン出力の伝達効率に優れる上に、駆動伝達パーツをコンパクトにできるので車重が軽い傾向にあります。

荒いドライビングでも安定したコーナリング性能を見せますが、その反面、加速時にはフロントに荷重がのらない為に加速力に乏しい傾向にあります。

主要駆動部品が前方に集中しているため、車の前方が重くなります。

進む・止まる・曲がるを全て前輪でまかなうために、前輪のタイヤ磨耗が早い傾向にあります。

FR

フロントエンジンリアドライブ
Front engine Rear drive
車の前方にエンジンが配置してあり、リアタイヤをエンジンからの出力で回転させる事により前後に動きます。

駆動輪が後ろにあるので加速力に優れますが、コーナリングでは、より繊細なアクセルコントロールが必要になります。

F-AWD

フロントエンジン
オールホイールドライブ
Front engine All wheel drive
車の前方にエンジンが配置してあり、全てのタイヤをエンジンからの出力で回転させることにより前後に動きます。

全てのタイヤにエンジンからの出力を伝達しなければならないため、駆動伝達部品が多く必要で、車重は重くなる傾向にありますが、全てのタイヤを使って前後に動くことができるため、その加速力は非常に優れています。安定したコーナリング性能を見せますが、その車重ゆえにコーナリングスピードは犠牲となる傾向にあるようです。

エンジンを中央に設置した駆動形式
主にピュアスポーツカーに見られるエンジンの配置です。
車の前後の重量バランスを最適になるよう配置することを最重要視したエンジン配置となり、加速、減速、コーナリングの全てにおいてバランスの取れた配置方式となります。
MR

ミッドシップエンジンリアドライブ
Midship engine Rear drive
車の中央にエンジンが配置してあり、リアタイヤをエンジンからの出力で回転させる事により前後に動きます。

駆動輪が後ろにある上に、エンジンが中央にあるので加速力に優れますが、コーナリングでは、より繊細なアクセルコントロールが必要になります。

コーナリングではFRよりも更にシビアになりますが、コーナリング終了後の加速ではFRよりも優れる傾向にあります。

M-AWD

ミッドシップエンジン
オールホイールドライブ
Midship engine All Wheel drive
車の中央にエンジンが配置してあり、全てのタイヤをエンジンからの出力で回転させることにより前後に動きます。

全てのタイヤにエンジンからの出力を伝達しなければならないため、駆動伝達部品が多く必要で、車重は重くなる傾向にありますが、全てのタイヤを使って前後に動くことができるため、その加速力は非常に優れています。安定したコーナリング性能を見せますが、その車重ゆえにコーナリングスピードは犠牲となる傾向にあるようです。

F-AWDよりも車全体のバランスに優れるため、加速、コーナリング性能ともにF-AWDよりも優れる傾向にあります。

エンジンを後方に配置した駆動形式
主にPorscheが採用するエンジンの配置方式です。
主に加速力を重要視したエンジンの配置方式です。
RR

リアエンジンリアドライブ
Rear engine Rear drive
車の後方にエンジンが配置してあり、リアタイヤをエンジンからの出力で回転させる事により前後に動きます。

駆動輪が後ろにある上に、エンジンが後方にあるので駆動力の伝達性能に優れ、また加速力も非常に優れますが、コーナリングでは、非常に繊細なアクセルコントロールが必要になります。

コーナリングではMRよりも更にシビアになりますが、コーナリング終了後の加速ではMRよりもずっと優れる傾向にあります。

R-AWD

リアエンジン
オールホイールドライブ
Rear engine Rear drive
車の中央にエンジンが配置してあり、全てのタイヤをエンジンからの出力で回転させることにより前後に動きます。

全てのタイヤにエンジンからの出力を伝達しなければならないため、駆動伝達部品が多く必要で、車重は重くなる傾向にありますが、全てのタイヤを使って前後に動くことができるため、その加速力は非常に優れています。安定したコーナリング性能を見せますが、その車重ゆえにコーナリングスピードは犠牲となる傾向にあるようです。

F-AWDやM-AWDよりも加速性能が優れる傾向にあります。

各駆動形式特徴を簡単に比較
加速力(スタート) (速) R/M/F-AWD > RR > MR > FR > FF (遅)
コーナー進入速度 (速) FF > FR・MR・RR > R/M/F-AWD (遅)
コーナーでの扱いやすさ (易) R/M/F-AWD ≧ FF > FR > MR > RR (難)
接触等に対するバランスの強さ (強) R/M/F-AWD ≧ FF > FR > MR > RR (弱)