リア駆動形式(FR/MR/RR)車のドライビングの基本
リア駆動形式の特徴は、加速時にリアにかかる荷重を、そのままトラクションに変換できるために、加速能力に優れています。FR/MR/RRの3つの駆動形式は、それぞれリア駆動と言う共通点をもつので、そのドライビングの特徴は非常に似ています。それを最大限に発揮させるためのドライビングとは?

参考(wikipedia 二輪駆動)

スタート・直線での加速
グリッドについて、静止状態からのスタート勝負では、リアに荷重がかかるため非常に有利に働きますが、AWDにはかないません。また、エンジン搭載位置(車重の前後比)が後ろになればなる程、加速力に有利に働くために、(速い)RR>MR>FR(遅い)という順に有利になります。

(※荷重とは、実際に車や電車などに乗り、加速した場合に、進行方向とは逆方向引っ張られる感覚があると思います。これがG(荷重)と呼ばれ、これがドライビング中に前後左右へと移動することを指し、Forzaではドラフトメーターを表示したり、テレメトリのGメーターにて確認することができます。)

コーナーへの侵入
リア駆動形式は同じ重量のFFやAWDよりも進入速度は劣ります。回頭性能もそれ程高くは無いので、しっかりとした減速が必要になります。回頭限界速度は、リアの軽いFRが有利となり、FR>MR>RRとなりますが、実際の回頭速度はリアが重い方が速くなるので回頭性能自体はそれほど変わりませんが、前後の重量バランスが良く慣性モーメントの影響の少ないMRが回頭性能に優れる傾向にあります。しかしながら、リアが重くなればなるだけ、遠心力によりリアが振り回されグリップを失いスリップする可能性があるので、扱いやすさはFR>MR>RRとなります。

(※回頭とは、車の向きを変え、車の進行方向を変える事です。)

リア駆動形式の場合、あまりに強烈なタックインはリアを滑らせてしまい、スピンをしてしまう可能性があります。リア駆動ですから、駆動輪のリアが滑ってしまうとバランスを取り戻すのが非常に難しく、リアの重いMRやRRでは、遠心力により、バランスを取り戻す前に、すぐにスピンにつながる可能性があります。

(※タックインとは、ブレーキを使わず、アクセルオフにて前荷重を作り出し回頭すること)

よって、リア駆動形式ではタックインを積極的に使うと言うターンインは難しいことになり、単純に、回頭に必要なだけの十分な減速が必要になります。

また、フロントが軽いので、しっかりと前に荷重をかける必要があります。しかしながら、タックインではリアがすべる可能性があるので、若干のブレーキを残し前荷重を確保しつつ回頭(ターンイン)する必要があります。

・コーナー入り口でしっかりと減速する
・すぐにブレーキを外すのではなく、若干のブレーキを残しつつ曲げる。

コーナリング中(進入〜脱出までの間)
最大限に車を曲げるために、現在の速度を維持(パーシャル)することが必要です。

特にRRでは、コーナリング中にリアの荷重が抜けてしまうと、すぐにリアが滑り出してしまい、スピンにつながってしまいます。かならず現状維持以上の速度となるように心がけましょう。

コーナーからの脱出
コーナーからの脱出は、リアが滑り、オーバーステアが出ない程度にアクセルをコントロールしつつ、徐々にアクセルを入れるのが基本となります。FFやAWDとは違い、微妙なアクセルコントロールが必須となる事を覚えておきましょう。コーナーを抜けたからと言って、すぐにフルアクセルとしてしまうと、遠心力が残っている場合に、リアが滑ったとたんにスピンを喫する場合があるので要注意。フルアクセルとするまではコントロールしつつ徐々に強く踏んでいくよう心がけましょう。

もしリアが滑ってしまった場合にはすぐにアクセルを緩め、カウンターステアを当てましょう。FRならば体制を立て直すのはそれ程難しくありませんが、MRやRRでは、リアのスライドはすぐにスピンにつながってしまう事を覚えておきましょう。

もし、コーナー出口で曲がりきれない場合は2つの原因が考えられます。

1つはコーナーへの侵入時(ターンイン)での回頭量が足りていない。これは、減速量が足りていない可能性があります。もっと早めに強くブレーキングしてみると改善する可能性があります。

もう1つは、アクセルを踏みすぎている可能性があります。これはもうすこしアクセルを緩くすることで改善される可能性があります。

またあまりにアンダーステアな場合には、セッティングで、フロントのスプリングや減衰力を緩くしたり、フロントのスタビライザーを緩くすることで、リアが滑らない程度に曲がりやすくなる可能性があります。

他の駆動形式の車とのバトル
リア駆動車はFFよりもコーナー出口の脱出速度に優れますので、コーナー入り口で並べなくとも、ラインを変え、エイペックスポイントを後ろに取り、コーナーを抜けた先でのストレートスピードを重視するコーナリングをし、その先のストレートで交わすのが王道となります。

また、後ろにFFやAWDのコーナリングカー等の自分より速い車がついた場合には、コーナリング速度に劣る自分のマシンをうまくコントロールし、相手が自分を抜くために必要なラインをブロックすることによって、抑え続けることが可能です。

また、対AWDに関しては、出口の加速では負けてしまいますが、同じようなラップタイムの場合、AWD車の方が重い場合が多いので、コーナー入り口のブレーキングで勝負し、インを取るのが王道です。

注意点
リア駆動形式の要は、とにかくそのアクセルワークにあります。FRであればそれ程ではありませんが、MR、RRとなるにつれて、コーナリング中のアクセルワークがシビアになり、アクセルワークのミスが即スピンに繋がるようになります。しかしながら、逆に言えば、このアクセルワークさえ身に付けてしまえば、その他の駆動形式の車を扱うのはたやすいことでしょう。それ程リア駆動車のアクセルワークは難しいと言えると思います。

とにかく慎重なアクセルワークを身に付けること。これがリア駆動車を巧みに操るのに必須となります。