サーキットを走るにあたって一番重要なのは、コースをはみ出さずに走ること。これができなければタイムを削ることもできないし、事故を起こしてしまう可能性も。

TCS(トラクションコントロールシステム)やABS(アンチロックブレーキシステム)を有効にしていると、コーナーを曲がりながらブレーキをしたり、急激なアクセルオンでもタイヤがホイルスピンせずに、それなりに走れてしまう。しかし、これらの機能をOFFにすることで、より高度なドライビングテクニックを身につけることができるようになろう。

この時に重要なのは、急アクセル・急ハンドルは厳禁であるということ!


まずはアシストラインをONにして、その通りに走ってみよう。停止時からの発進でも、前述したように、急アクセルは厳禁!急アクセルでスタートしてしまうとホイルスピンをしてしまい、なかなか前に進まない。ホイルスピンしない程度にアクセルを徐々に踏み込むことが重要だ。

 

注意すべき点は、アシストラインの色が黄色→赤と変わる前に十分に減速すること。これができないとコーナーで曲がり切れなかったり、理想のライン取りができなくなってしまう。

基本は直線で減速を終わらせて、
コーナリング中にはブレーキを踏まず
アクセルを速度を維持する程度にほんの少し入れること!

完全にアクセルオフのままコーナーリングをしようとすると、リアタイヤのグリップが少なくなり車が不安定になってしまう。車は加減速がなく、速度を維持したままステアリングを切った時、最大限、車は曲がるということを覚えておこう。

これは、サーキットで走るレーシングカーはもちろんのこと、公道を走る車であっても同じ事であるので覚えておくとよいだろう。


では、コーナリング中に急激にブレーキを踏むとどうなるか。

 

この様に、タイヤはロックしステアリングを切っても車は全く曲がらず、ただただまっすぐに進んでしまう。こうならない様、コーナーの前では十分に減速しよう。


コーナリング前のブレーキ量と、コーナリング中のアクセル量に注目してほしい。(画面左の緑のバーがアクセル、赤のバーがブレーキの踏みこみ量となっている)

 

この様に慣れてくるとアクセルとブレーキを細かく操って、素早いコーナリングが可能になる。ここまでできるようになれば、タイムもかなり縮まるはずだ!