MENU //

TOP

BBS

Turn10 BLOG(翻訳)

FM.net NEWS(翻訳)

Pitpass Report(翻訳)

コラム

MEDIA LINK

Trailer Movies

 

Disc2について

収録サーキット

収録車種

機能比較一覧

 

ドライビングチュートリアル

チュートリアル:FF編

チュートリアル:FR,MR,RR編

チュートリアル:AWD(4WD)編

 

テレメトリ解説

エンジンとギアの関係

チューニングカンニングペーパー

管理人の俺流チューニング

 

Fanatec Porsche 911
turbo-S WHEEL関連

購入方法

互換情報

レビュー

FAQ

 

リプレイカメラアングル一覧

 

管理人のペイントカー

TV (β)

 

SHOP

 

other fans site



Telemetry //

テレメトリ解説

Forza Motorsport 3ではリアルタイムでテレメトリが表示されるという素晴らしい機能がありますが、その内容を読み解く為には少々の知識が必要となります。そこでここではForza Motorsport 3のテレメトリに関する内容を解説します。

テレメトリを表示する方法は、走行中はDパッド(十字キー)の上を、リプレイ再生中であれば、再生コントローラのTマークを押す事によって表示されます。

一般 //

テレメトリを最初に表示したときの初期画面です。この表示は基本的にテレメトリの全ての項目で表示され続けます。

フリクション //

フリクションはフリクションサークルを表示し、タイヤとホイールにかかる摩擦の方向とその量、そして最大許容量を表示します。円が大きければ大きいほど、大きな摩擦力に耐えられるようになり、グリップの限界値が高いと言え、逆に小さくなればなるほど許容量が小さくなりグリップの限界値が低いといえます。これらは荷重移動などによりその円の大きさが常に動的に変化しています。グリップの許容量を超えると、スリップすることになり、限界値を超えてスリップしているときにはフリクションサークルが赤色へと変化します。

黄色のバーはホイール(リム)に加わる方向を示し、青いバーはタイヤに加わっている力の方向を示します。この2つのバーの方向のズレは、タイヤのよれ、ねじれを表します。(※Forza Motorsport 3では一般的なフリクションサークルの図解とは入力方向の表示が前後・左右共に逆転しているようです。)

画像の状態は左コーナーの為、右側に荷重が移り、右のフロント・リアのグリップの限界値が大きくなり、逆に左側は荷重が抜け、限界値が小さく、左のフロントはスリップしてしまっていることが読み取れます。

サスペンション //

サスペンションの伸縮具合を表示します。静止時点が基準となり0.0cmとして表示され、上下に何cm伸縮しているのかを表示し、縮み側の限界に達した場合には赤色で表示されます。赤色で表示された場合は、サスペンションとしての能力が0となり突っ張り棒の様な状態となり、衝撃を吸収できなくなってしまっているということになります。

加速(ボディ) //

加速(ボディ)は、ボディにかかるG・荷重の方向とその量を表示します。静止時が0Gであり、1Gとなると1000Kgの車に、さらに1000kgのG・荷重が発生することになります。

黄色の●は直近のピーク値を表します。

タイヤ //

タイヤは現在のタイヤの状態、キャンバー角(路面と接地角度)、速度、温度、圧力、摩耗を表示します。

熱 //

熱は現在のタイヤが持つ温度をアウター・中央・インナーと3つの部位に分け詳細に表示します。

ダメージ //

ダメージは、車が受けた各部位の損傷と損傷度合いを表示します。

ピットインすることで、外装(前後スポイラー・左右サイドスカート)以外の部分はすべて修復することができますが、外装は修復されません。

mixiチェック

日本からの購入方法はこちらのページで紹介しています。


--for XBOX 360--
--for PS3--