キャリアモード

キャリアモードは、実際に下位カテゴリから上位カテゴリへとチームを渡り歩きステップアップしていく様を再現したモード。

キャリアモードでアンロックした車体は他のモードで利用できるようになる。逆に言えばキャリアモードでアンロックしないとマルチプレイヤー以外のモードで使える車体が極端に少なくなる為、必ずプレイしなければいけないと言っても過言ではないだろう。そこそこのドライビングスキルのある人だと、もくもくとこなしていかなければいけいない作業プレイとなってしまうが、そこはグッとこらえて消化しよう。

※現在のところGグループまでプレイした状況でのレビューです
※ほとんどの実績はシングルレースで解除される実績なのでキャリアモードでは、キャリアモードに関係のある実績以外は解除されません。

キャリアモードの流れ

A〜Hグループがあり、基本的には順に上位カテゴリへキャリアアップしていくことになる。

Aグループ:Mini Cooper
Bグループ:Caterham CSR 200、Radical SR3
Cグループ:Caterham CSR 260、Radical SR4、Formula BMW、Caterham CSR 320
Dグループ:GT Club
Eグループ:GT Sport
Fグループ:GT Pro
Gグループ:F3000
Hグループ:WTCC Extreame

最短でHグループまでたどり着くには

A,B,Cグループ各1シリーズを1位通過
D,Eグループ各2シリーズを1位通過
Fグループ3シリーズを1位通過
Gグループ1シリーズを1位通過
H
グループ到達となる

レースに出るためにはまずはチームと契約を交わし、加入することが必要

チームに加入する条件

「決められたコースで目標ラップタイムを叩き出し、少額の持参金を持って契約する」

または

「トライアウトを受けずに多額の持参金を持ち込み契約する(トライアウト成功時の3倍)」

トライアウトセッション

トライアウトセッションではあなたのドライビングスキルをチームに見せる必要がある。x:xx以内のラップタイムを叩き出せ。

もしあなたが目標ラップタイムを超える事が出来たら、チームにxxxクレジットを支払うことであなたはチームと契約ができる。しかし、もし要求するラップタイムで走れない場合でもxxxクレジットを支払うことによりあなたはチームと契約する事が出来る。

チームと契約すると既存同カテゴリの同車種がアンロックされる。

※TIPS
要求タイムはそれほど敷居の高いものではなく、ミスなく安全に走り切れれば十分に要求タイムをクリアすることができるので、タイムアタックだとは思わずに安全運転を心掛けるといいかもしれない。
チームに加入すると、そのチームの車がアンロックされ他のモードでも利用可能になる。

レースセッション

全3戦のレースシリーズに出場し上位を目指す事になる。

1レース2〜7周のスプリントレース。予選の有無は変更可能
(2lap/A、3lap/B,C、4lap/D,E、5lap/E、6lap/F、7lap/F,G)

※練習走行がなく突然、予選、決勝が始まるので要注意!また、一度レースセッションを抜けると、再度始める際に、なぜか予選セッションがなくいきなり決勝になってしまうのでこれも注意!(バグ?)

・予選セッション
1ラップのみの1発タイムアタック

・決勝セッション
2〜4周のスプリントレース
3位以内で次のレースに進む事が出来るようになる。

※決勝はスプリントレースな為、予選で上位にいる方が圧倒的に有利なので、できるだけ予選を行い、上位に入れるようにしたい。

レースに勝利すると、結果に応じてCredits(賞金)がもらえる。(一度クリアしたチームで再度プレイする場合には貰えるCreditsが半分になる)

レースシリーズ優勝、または上位入賞(3位以内)すると、結果に応じた新たな同車種のプレミアムカラーの車体が追加・アンロックされる。また所持金をが各カテゴリの必要最低額を超えるとそのカテゴリのチームがアンロックされる

レース契約は全33種

難易度について

難易度はNOVICE(初心者)・SEMI-PRO・PROFESSIONALと3種類あって、それぞれアシストの強度が変更できる程度のもので、敵AIカーの速度は変わっていないように思われる。敵AIカーのラップタイムを見る限り、おそらく他のモードの難易度HARDと同等程度である。

現在Hグループまでプレイしているものの敵CPUカーはそれほど速くないので落ち着いてミスがなければ1位でレースを終えられるだろう。チューニングを施さなければ勝てないというようなものではないので安心されたし。ただし、逆にマゾの方には作業プレイになってしまう恐れありなのでこのバランスは良くないといわざるを得ない。

ただし、GグループのF3000に関しては、デフォルトの状態のままだと、ギア比がおかしくレブリミットで頭打ちになる等の状況が起こるため、セッティングを変更する必要が出てくる。

GグループとHグループのみ、それなりのセッティングを出さないとデフォルトのセッティングのままではきつい。なぜなら、デフォルトの設定のままだと、キャンバー角が-4.0°(deg)とネガティブにつきすぎになっていたりするため、このままでは止まらない曲がらないという車のままであるから。最低限キャンバー角は設定し直しておきたいところ。

車体の損壊についても、かなり硬く設定されているのか、多少の接触ではそうそう壊れることは無いようだ。

またAIは賢くなく、ブレーキングでぶつけてきたりもするので要注意。逆にこちらがぶつけても、まるで根っこが生えているかのごとく挙動を乱すことなく走行していくので、対CPUで紳士的なバトルは期待できないかもしれない。周回遅れの車両が謎のスーパーファステストラップを叩き出すなど、AIはForza Motorsport 2の様にプレイヤーと同じ挙動モデルで走行しているわけではなく、グランツーリスモ等と同様に、なんらかの別のアルゴリズムで動作しているようだ。

Stand-inについて

レースをこなしていくと、稀にどこかのチームがあなたに走ってほしいとスカウトしてくる場合がある。(条件不明:特定シリーズのコンプリート?総合賞金金額?レース勝利数?)

このレースは無料で参加する事ができ、このレースに勝利(もしくは上位入賞)するとチームからクレジットが支払われる。

Stand-inは全8種で出現条件は不明
(おそらくキャリアシリーズ完了数だと思われます)

・Cグループ / GBG Challengers / Caterham CSR 320 / Brands Hatch 3laps (6)
・Dグループ / WTCC87 / Alfa Romeo 75 / Pau 4laps (10 + 1(Stand-in))
・Dグループ / WTCC87 / BMW M3 E30 / Oscherslehen 4laps (12 + 2)
・Eグループ / Viper SRT10 / Viper SRT10 / Curitiba 5laps (16 + 3)
・Eグループ / Koenigsegg CCX / Koenigsegg CCX / Porto 5laps (19 + 4)
・Fグループ / Audi R8 / Audi R8 / Brno 7laps (25 + 5)
・Gグループ / Apollo Gumpert / Gumpert Apollo / Monza 7laps (30 + 6)
・Hグループ / Koenigsegg CCXR / Koenigsegg CCXR / Anderstorp 7laps (30 + 6) 

()はオファー出現時のシリーズ完了数

車のアンロックについて

キャリアモードでアンロックした車はチャンピオンシップモードやシングルレースモードなど他のモードで使用できるようになる。(ただしマルチプレイヤーモードのみキャリアモードでアンロックしなくとも最初から使用可能な車種が最低でも各クラス1台ある)

アンロックできる車は全48車種×各ペイント数



日本からの購入方法はこちらのページで紹介しています。


--for PS3--


--for XBOX 360--