▼Menu

トップページ

BBS

 

どれくらい速いのか?

非対応ファイルをエンコード

カット編集して直にエンコード
outputメニューを カスタマイズ
iモード向けメニューを作る
FAQ / TIPS

badaboomあれこれ

 

なぜbadaboomを選んだか

 

badaboomあれこれ

 

出力できるファイルがMPEG4/AVCのみ


入力できるファイル形式が少ない
 →Avisynth+AVFS経由で渡せば、
  Directshowで対応しているファイルであればなんでも入力可能
  →AVFSが今一つで、同一ファイルなのに、DirectShowSource()を使うと
   VideoとAudioで2ストリームの同時アクセスをしてしまう為か
   無駄にランダムアクセスをしてしまい、SD素材だと問題は無いものの、
   HD素材だとHDDの転送速度がボトルネックになる事がある
    →AviSource()で読み込める場合にはこちらを使う
    →RAMDISK/SSDにすればOKだが、極端に大きなファイルは難しい

非対応ファイルをエンコードを参照


Avisynth経由だとdeinteraceが効かない
(Avisynth経由というよりはAVI RAW YV12ではdeinteraceが効かない)
 →Avisynth+AVFS経由でdeinteraceしてから入力すればok
  →非常に大きなCPU負荷がかかり特にHD素材だとCPUがボトルネックになる

非対応ファイルをエンコードを参照


30p(29.97p)のみでしかエンコードできない
 →24p素材なら2-3プルダウンの検出が可能


インターレースを保持したままエンコードができない
(インターレースのままなもののinteraceフラグが付いていないため、うまくデコードできない?)
→mainプロファイルだとinterace保持ができないので
 highプロファイルかExtendedプロファイルに対応しなければならない
  →UPDATE待ち?


1pass、main profileなので画質がそれほど良くない
 一般的な動画素材であれば気にならない程度
 (それでもSpurs Engineと画質的には大差なし。1passの限界か?)
  →バージョンアップで2pass、high profile対応になるという事


GTX260でのエンコード速度は720pだとリアルタイム(30fps)以上の速度が出る
(ただし入力フォーマットのデコードが重かったり、HDDの転送が間に合わなかったりすると速度が落ちるので
GPU以外がボトルネックにならない事が条件。


SD以下なら3倍速〜7倍速(100〜200fps over)でエンコードが可能


2バイトフォントに対応していないのでパス、ファイル名ともに日本語だとエラーが出る

 



このサイトについて

elemental technologiesが手掛けるCUDA用h.264エンコーダであるbadaboom MEDIA ENCODERを紹介するサイトです。badaboom MEDIA ENCODER version 1.1.1をベースにしています。



CUDAでh.264爆速エンコード!
Palit GeForce GTX 260 Sonic
216 SP 896MBがなんと\17,980


Palit GTX 260/1792MB - \22,800
Palit GTX 275/ 896MB - \24,800
Palit GTX 285/1024MB - \33,800

Windows 7 アップグレードクーポン付
Windows Vistaがお買い得!!
Home Premium SP1 + Win 7 \15,480
Business SP1 + Win 7 \19,480
Ultimate SP1 + Win 7 \24,980