▼Menu

トップページ

BBS

 

どれくらい速いのか?

非対応ファイルをエンコード

カット編集して直にエンコード
outputメニューを カスタマイズ
iモード向けメニューを作る
FAQ / TIPS

badaboomあれこれ

 

なぜbadaboomを選んだか

 

FAQ / TIPS

エンコードが遅い

CUDA以外がボトルネックになっていないか?
→Avisynth経由で入力している場合、複雑なフィルタをかけていないか?
■■→Avisynth用マルチスレッドプラグインMTを入れてみる 詳細
■Canopus HQ CODECだとHDDがボトルネックになりやすい。
→RAIDや高速なHDD、SSDに変更する
■入力と出力を同じディスクにしていないか?
→入力と出力を別のディスクにする
■Vistaで他のアプリケーションがDirect3Dを使っていないか?
■他のアプリケーションがCUDAを使っていないか?
■AvisynthでDirectShowSourceを指定していないか?
→AviSourceで読めるならAviSourceを使う
→VFAPI経由で読み込む

入力ファイル関連

ファイルが読み込めない
→badaboomを再起動する
→Windowsを再起動する
→GeForceのドライバーを入れ直す。最新のものにする。ダウンロード
非対応ファイルをエンコードを参照してAviSynth経由で読み込む

エンコード関連

〇〇〇で再生できない
→再生機器にあった設定でエンコードをしているか?
■■
→CABACをオフにする
■■→Baselineプロファイルにする
■■→ビットレートを下げる
デインターレースされない
→Deinteraceにチェックを入れているか?
→AVI RAWファイルの場合はデインターレースができないのは仕様(1.1.1)
■■非対応ファイルをエンコードを参照してAvisynth経由でデインターレースさせる
インターレース保持はされるが再生するとデインターレースされない
→Baselineプロファイルではインターレースの保持はできない(MPEG4の共通仕様)
■■→main/highプロファイルでのインターレース保持はbadaboomのバージョンアップでの対応待ち


このサイトについて

elemental technologiesが手掛けるCUDA用h.264エンコーダであるbadaboom MEDIA ENCODERを紹介するサイトです。badaboom MEDIA ENCODER version 1.1.1をベースにしています。