▼Menu

トップページ

BBS

 

どれくらい速いのか?

非対応ファイルをエンコード

カット編集して直にエンコード
outputメニューを カスタマイズ
iモード向けメニューを作る
FAQ / TIPS

badaboomあれこれ

 

なぜbadaboomを選んだか

 

どれくらい速いのか?

筆者のPCであるintel Core2 Quad E6600 (up to 3.33GHz)とPalit GeForce GTX 260 sonic SP 216という環境でのエンコード速度は下記の様になり

1920x1080/60i→1920x1080/30p(Main Cabac on)
約25fps
(実時間の120%、0.8倍速)

1280x720/60p→1280x720/30p(Main Cabac on)
約45fps (実時間の75%、1.5倍速)

720x480/60i→720x480/30p(Main Cabac on)
約110fps (実時間の27%、3.7倍速)

720x480/60i→480x272/30p(Baseline)
約200fps (実時間の15%、6.7倍速)

CPUを使ってのエンコード (x264使用、1pass、4スレッド)の場合は

1280x720/60p→1280x720/30p(Main Cabac on) 
22fps (実時間の136%、0.7倍速)

となり、クアッドコア(4コア)のCPUをフルに使ってのエンコードと比較しても2倍ほども違い、GeForce GTX 260と同等の速度をCPUで出すには、3.33GHzのCore2 CPUのオクタコア(8コア)以上が必要であると言えるでしょう。これでGeForce GPUを使ったエンコードが圧倒的に高速である事が簡単にわかると思います。これが、デュアルコア(2コア)やシングルコア(1コア)であれば、さらに倍、4倍と差が開く事になるため、GPGPUでのエンコードがいかに高速であるかがわかるでしょう。



CPU/GPU/Spurs Engineの相関関係

Spurs Engine搭載カードは、おおよそではあるものの、GeForce GTX 260〜 + badaboomよりも2倍ほど速く、つまり…

badaboom (GeForce GTX 260〜) = 3GHz超のCPU x8

badaboom (GeForce GTX 260〜) x2 = Spurs Engine

ざっくりと表記すると上記の様な関係となるでしょう。Spurs Engineはさすがに専用ハードウェアだけあってぶっちぎりで速いものの、■爆速H.264変換×超解像カード「FIRECODER Blu」を駆る(ITmedia)■のCanopus HQ CODECのエンコード速度結果を見る限り、badaboomと同じように入力に関して各CODEC毎に得手不得手があるようです。



このサイトについて

elemental technologiesが手掛けるCUDA用h.264エンコーダであるbadaboom MEDIA ENCODERを紹介するサイトです。badaboom MEDIA ENCODER version 1.1.1をベースにしています。



CUDAでh.264爆速エンコード!
Palit GeForce GTX 260 Sonic
216 SP 896MBがなんと\17,980


Palit GTX 260/1792MB - \22,800
Palit GTX 275/ 896MB - \24,800
Palit GTX 285/1024MB - \33,800

Windows 7 アップグレードクーポン付
Windows Vistaがお買い得!!
Home Premium SP1 + Win 7 \15,480
Business SP1 + Win 7 \19,480
Ultimate SP1 + Win 7 \24,980